MENU

答えは直接書き込まない

たっぷりと勉強をして資格試験に臨むことを考えると、それに伴う数の問題集や参考書が必要になってくると思いがちですが、実際にはそのようなこともありません。
資格の勉強に参考書や問題集は欠かすことができないものですが、これはそうとも限るものでも無いのです。
参考書を賢く勉強に役立てていくためには、直接答えを書き込んでしまうのでは無く、ノートを利用していくようにしましょう。
答えだけをノートに書き込み、答え合わせをするようにすれば、参考書を何度でも解いていくことができます。
間違った問題にしるしをつけておいたり、苦手な問題にチェックをしておいたりすれば、自分が前回どこにつまづいたのかということを見直すことができます。
何度も繰り返し解いていけば参考書丸々一冊全問正解ができるまで利用をすることができるでしょう。
直接参考書に答えを書き込んでしまうと繰り返して復習をしたり、間違えた部分を振り返るというようなことをせずに終わってしまうことがほとんどですが、この方法を取っていくのであれば、参考書をやみくもに何冊も購入するというような必要も無くなり、とても有意義に資格の勉強を行っていくことができます。
とても充実した学習をしていくことができますので、ぜひとも実行をしていきましょう。
より良い参考書を上手に選び、反復して学習をしていくことができるよう努めていってください。
そうすることで、きっと良い状態で資格試験に臨んでいくことができるでしょう。

Copyright (C)2017資格に向けての勉強のポイント.All rights reserved.