MENU

自分の苦手を知る

有意義な勉強を行っていくためには、自分が何が得意で何が苦手なのかということをきちんと知っておく必要があります。
いくら解くことができても、それが自分が得意な問題ばかりでは意味がありません。
本番の資格試験では自分の苦手な問題ばかりが出るということも充分に考えられますので、不得意、苦手な分野をきちんと把握し、対策を取っていくことというのは非常に重要なのです。
自分の苦手を知るためには、参考書や問題集を利用していくことが一番です。
これを最低二回、一通り解いてみることで、自分が何を苦手としているのかということを知ることができます。
間違った問題やきちんと理解をしていなかった部分についてしるしを付け、反復学習をしていけば、どの問題で何回つまづいたのかということがはっきりと解ります。
チェックが多い問題が自分の苦手な部分ですから、これを徹底的に勉強し、克服できるように努めていきましょう。
そうすることで、自然と苦手な分野をクリアしていくことができます。
自分の苦手を知らないまま、好きな問題や得意な分野ばかりを勉強して試験に臨んでしまうと想像以上に本番で難しい問題が出てしまい打ちひしがれてしまうというようなこともありますから、気をつけましょう。
資格の勉強は自分の苦手なものから率先して取り組み克服をしていくくらいが丁度良いといえます。
本番の試験で挫折を味わうことの無いように、実のある勉強に努めていってください。

Copyright (C)2017資格に向けての勉強のポイント.All rights reserved.